technology

自動運転技術による未来社会への影響

自動運転技術は、自動車産業だけでなく、交通システム、都市計画、さらには私たちの生活様式にも大きな変革をもたらす可能性を秘めています。

本記事では、自動運転の今後について探り、その技術が我々の未来の移動手段に与える影響について掘り下げていきます。

自動運転技術の基礎

自動運転は一般に、測位衛星システム(GNSS)、センサー、カメラなどを使って、車両の位置を把握し乗用車やバスそのものが周囲の環境を認識して、目的地までの自動走行を管理します。

自動運転車の前身ともいうべきコネクテッドカーの開発を優先する企業も多く、トヨタ、フォルクスワーゲン、GMなどを筆頭にコネクテッドカーを走らせています。

自動運転車には、車間距離制御装置や自動車線維持、自動駐車、自動加減速や停止、事故回避などの機能を搭載しています。

最近では、日産自動車が「Invisible-to-visible」という現実世界と仮想世界を融合し建物に隠れて見えなかった裏側の状況をドライバーが把握することができるコネクテッドカー技術を発表しています。

自動運転技術は、レベル0(運転自動化なし)からレベル5(完全運転自動化)まで6段階に分類されます。

現在、レベル3の「条件付運転自動化」までが実用化されています。レベル4「高速運転自動化」の自動運転バスなどの開発、実証実験も盛んに行われています。

最近の自動運転サービスとしては、一部の自治体が提供しており、前橋市ではJR前橋駅と中央前橋駅を結ぶ路線で自動運転バスを提供しています。

国土交通省は、自動運転技術(レベル4)の普及を見据えて、交差点に設置したセンサーで車両や人の動きを把握する仕組みの技術基準を2025年を目標につくるとしています。

また、車両に送信するデータ形式などを定め、集めた車両や歩行者データをプライバシーの観点での扱い方を示すとしています。

技術的課題

自動運転において重要なのが、道路上の白線黄線や標識、歩行者や対向車といった対象物を的確に捉える技術です。

難点とされているのは、悪天候によるカメラやセンサー、標識が汚れてしまったり、未舗装の道路で誤認識してしまったりと複雑な交通環境や気象条件下で生じうる例外にどう対応するのか大きな課題としています。

また、事故が発生した際、責任の所在や保険の取り決めなど、法的な整備も課題としてあります。

さらに、セキュリティ面での懸念も存在します。

自動運転車はコンピューターシステムに依存しており、ハッキングやサイバー攻撃のリスクです。

車両が外部から不正アクセスを受けた場合、重大な事故が引き起こされる可能性があり対策していく必要があります。

自動運転の期待

自動運転技術の進展により、安全性の向上、交通効率の向上、環境への負荷の軽減など、期待されています。

ひとつは、交通事故の減少と安全性の向上。

自動運転車は高度なセンサーや人工知能を駆使して周囲の状況を正確に把握し、適切に判断することが可能です。

これにより、操作や判断ミスによる交通事故が減少することを期待されています。

次に、交通効率の向上です。

通信技術を駆使し、他の車両とリアルタイムに情報をやり取りすることが可能であり、車両が隊列を組んで幹線道路を走行することが実現するかもしれません。

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)では、4台のトラックが車間距離4メートルを維持したまま時速80キロで自動運転、隊列走行の技術を披露しています。1台の走行に比べ、燃費を最大で15.9%向上したと示しています。

渋滞情報もリアルタイムで把握することで、最適なルートや速度で移動してくれるため、渋滞や交通の混雑の緩和が期待されています。

自動運転の持続可能な未来への貢献

自動運転車がエネルギーの効率的な利用や排出ガスの削減に寄与する一方で、車両の製造・保守においても資源の消費が伴います。

持続可能な社会を構築するためには、これらの課題にも解決策を見つけていく必要があります。

自動運転技術は未来の交通システムにおいて重要な位置を占めることは間違いありません。

技術の進展に伴い、安全性や効率性が向上する一方で、法的・倫理的な問題やセキュリティ面での懸念にも対処していく必要があります。

この技術は、私たちが想像する以上に、私たちの生活と社会に深い影響を与えることになるでしょう。

-technology

© 2024 KENTECH